Triangle Bamboo Table

Pierre Jeanneret

SOLD OUT
販売終了してますがお探し可能な場合がございます。お気軽にお問い合わせ下さい
CONTACT

ChandigarhのSector 5、Pierre Jeanneret本人の希望もあって、 没後に遺灰が撒かれたスクナ湖。

その真向かいにある自らが設計した自身の住まい、 Maison de Pierre Jeanneret (House No.57 , Pierre Jeanneret Museum) の為にデザインされたテーブル。

Chandigarhプロジェクトを遂行するに当たっての拠点となった場所でもあり、 彼は1954年から1965年までの11年間住み、 ル・コルビュジエも、Chandigarhを訪れている際はこの家に滞在していました。 ※現在、この家は2017年から博物館となってます。

今日現在、多くの方々に認識されているPierre Jeanneretの作品といえば、 チーク & 籐で構成された作品の印象が強いかと思いますが、 初期にはマンゴー、ロープ、竹など、 現地で得られる様々な材料で試行錯誤が繰り返され、 多くの実験的な作品がここで生み出されました。 これらの作品は数も少なく、非常に希少です。

image

聞いている出処から考えますと、レターにある「AERO」は、 Punjab Engineering Collegeの航空宇宙工学科と思われ、 末尾の89/01は1989年の1月からそこに配置されたレターなのかも知れません。

image

調べた所、Maison PJからPunjab Engineering Collegeまでは僅か5km程度。 このレターには非常に重要な意味を感じてしまいます。

メンテナンスをしていたスタッフに 後方から見える竹の切り口はジェットエンジンのようにも見える、 と言われ、なるほど、と思ったのですが、 それもあって航空宇宙工学科にも引き継がれたのかも知れません。

image

  • Creator
    Pierre Jeanneret
  • Related area
    India
  • Date
    c1953-54
商品に関するご質問、ご要望等ございましたら 下記よりお気軽にお問い合わせ下さい。
※返信先に携帯メール等をご利用の方はお手数ではございますが llby.meドメインから受け取れるよう、メール設定のご確認をお願いいたします。

お問い合わせありがとうございました。

3日以上過ぎても返答がない場合、迷惑メールフォルダをご確認の上、
届いていないようでしたらお手数ですが再度お問い合わせ頂けましたら幸いです。