Conference Chair

Pierre Jeanneret

Price : ASK
お問い合わせ下さい
CONTACT

生産数が少な目の30-100脚程度と言われているタイプのオフィスチェア。

こちらのしっかりとした作りのものが1953-54年に作られたと言われており、一般的なオフィスチェアと呼ばれてる量産タイプが翌年、1955-56年。

量産前のプロトタイプ的な意味合いで数が少なかったのでは、と考えられます。

このタイプもOffice Chairと呼ばれる事がございますが、量産タイプとの差別化の意味で私はConference Chairと呼んでおります。量産型に比べ、線が太く、安定感ございます。

PUS(Panjab University Secretariat)マーキングがあり、恐らくパンジャブ大学の管理、事務局で使われていたものと思われます。

Conference Chairをご購入頂きましたお客様より、設置後のお写真を頂きました。とても素敵な空間です!こうして旅立った作品の姿を見られる事が何よりの幸せでございます。本当にありがとうございました。

  • Creator
    Pierre Jeanneret
  • Related area
    India
  • Date
    c1953-54
商品に関するご質問、ご要望等ございましたら 下記よりお気軽にお問い合わせ下さい。
※返信先に携帯メール等をご利用の方はお手数ではございますが llby.meドメインから受け取れるよう、メール設定のご確認をお願いいたします。

お問い合わせありがとうございました。

3日以上過ぎても返答がない場合、迷惑メールフォルダをご確認の上、
届いていないようでしたらお手数ですが再度お問い合わせ頂けましたら幸いです。