Library Chair

Pierre Jeanneret , Eulie Chowdhury

SOLD OUT
販売終了してますがお探し可能な場合がございます。お気軽にお問い合わせ下さい
CONTACT

Pierre JeanneretとEulie Chowdhuryによって1959-60年にデザインされたと言われる椅子。

Library Chairという名の通り、 様々な学校の図書館で使われていた事が確認出来ております。

Pierre Jeanneret作品には脚の形状で大まかに分けて V,Bridge,Xの3種あり、Library Chairは横から見ると クロスして見えるのでXに分類されるかと思いますが、 他のXとは違い、背から伸びている側の脚が 前面に重なるように作られており、他の作品には無い独特な特徴が見られます。

これはEulie Chowdhuryが関わっている作品だからと思われます。

彼女はアジア初の女性建築家とも言われており、 1951年から63年、1968年から70年にル・コルビュジエ、Pierre Jeanneretと共に チャンディガールの都市計画のメンバーとして働いていた他、 教師や作家としても活躍しており、多彩な人物、 外交官の父親の関係で日本の神戸でも暮らしていたようです。

彼女が関わったとされる家具で資料にあるのは 今のところこの作品だけのようですが、今後も調査を続けたいと思ってます。

また、今回買い付けたこちらの作品は オークションハウスでも参考資料として使われる、 これらの作品をまとめた有名な書籍、

Galerie 54 がまとめた、 Le Corbusier, Pierre Jeanneret: L'Aventure Indienne / The Indian Story に掲載されている作品と、同一レターのナンバー違いとなっております。


参考資料 : Le Corbusier, Pierre Jeanneret: L'Aventure Indienne / The Indian Story

image

image




同じく、Galerie Patrick Seguinの書籍、 Le Corbusier & Pierre Jeanneret: Chandigarh, India にも同一レターのナンバー違いが掲載されてました。


参考資料 : Le Corbusier & Pierre Jeanneret: Chandigarh, India

写真からだと少しわかりにくいですが、 Patrick SeguinのものはH.Sc.C.(LB).8.のように見えますので、 もし、そうなのだとすると、こちらの作品は9なので次の番号となります。

image

image

今後出会うことが叶うか分からない、 コレクションピースに相応しい1脚です。

  • Creator
    Pierre Jeanneret , Eulie Chowdhury
  • Related area
    India
  • Date
    c1959-60
商品に関するご質問、ご要望等ございましたら 下記よりお気軽にお問い合わせ下さい。
※返信先に携帯メール等をご利用の方はお手数ではございますが llby.meドメインから受け取れるよう、メール設定のご確認をお願いいたします。

お問い合わせありがとうございました。

3日以上過ぎても返答がない場合、迷惑メールフォルダをご確認の上、
届いていないようでしたらお手数ですが再度お問い合わせ頂けましたら幸いです。